鬱になったけど、立ち直りたい

うつ病を治していくためのコンテンツを発信しています。

ポジティブ思考になる方法 その5 ネガティブな考えが出たら切る

ポジティブ思考になる方法 その5 ネガティブな考えが出たら切る

f:id:tokyolovefood:20201227115156j:plain

ネガティブな考えを切る、というのはネガティブな考えから抜け出すのに効果的な方法です。

 

行ったり来たりする感情を小さくすることで、ポジティブな感情を増やすことができます。

 

今日はなぜ考えを切るのか、どうその方法を行うのかについて説明していきます。これでポジティブ思考に少し近づけるはずです!

 

<ポジティブ思考になる方法>

前書き

その1 自分のいいところと悪いところを25個書きだす

その2 感情の大きさを知る

その3 問題を細かくする

その4 ポジティブな言い方に変える

その5 ネガティブな考えが出たら切る

その6 少し我慢をやめる、少し勇気を出す

その7 言葉通りに受け止める

その8 自分のせいではない理由を見つける

 

目次:

 

!軽く読める!

 

*この記事はうつ病の方をターゲットとしていますが、精神的に悩んでいる方にも効果的です。
*この記事は個人談をもとに書いています。専門家ではないので、その点ご了承いただけると幸いです。

 

感じる部分と切る部分は違う

f:id:tokyolovefood:20201227115526j:plain

不安や悲しみを感じることは大事ですが、感じることに集中しすぎて同じ考えがずっと行ったり来たりするのは不健康です。詳しくは下の記事を読んでみてください。

 

思考をいったん止めることで、被害妄想を止める方法:

www.kokororakuni.com

 

特に怒り、憎しみ、妬みという感情は、第2の感情で悲しい、寂しいといった感情が集合体となってできいる感情です。

 

怒りや憎しみなどをたくさん感じても、元の感情が分からないと問題解決には至りにくくなります。

 

それによってさらに焦レバ感情は倍増するし、他人に感情をぶつけやすくなります。

 

ですので、怒り、憎しみ、妬みは気づいて認めることは大切ですが、気持ちをポジティブにするには深入りしないほうがいいです。

 

つまり必要な気持ちは感じて、そうでない部分は切り捨てていきましょう。

 

行き来きしすぎている感情

怒り、憎しみ、妬みという第2の感情

(他人にその感情を向けない、というコントロールができる範囲なら悪くない)

倍増している感情

 

この3つがいらない感情かな、と思います。

 

やり方

f:id:tokyolovefood:20201227115253j:plain

やり方は簡単で、日常生活の中で考えすぎた、と感じたときに思考を切る方法です。

 

1. ネガティブなことを考えていることに気づく

怒り、憎しみ、妬みという感情が出てきたら、今自分がそういう気持ちになっているんだということに気づき、認める

 

2. その感情を具体化する

もしその感情を具体化するならどんな形をしていますか、どこにありますか。

 

私の場合、怒りは頭にモヤや雲、わたあめのような形で現れ、

 

憎しみは胸あたりにドロっ、グニュっとした、溶かした飴のような形で現れ、

 

妬みは胸あたりでBBQのときのな煙のような形で現れます。

 

自分がしっくりする形をイメージして、感情の居場所も考えてみてください。

 

3. 2の感情を切る

「切る」といっていますが、どんな方法でも大丈夫です。包丁でスパッと切るのもいいですし、掃除機で吸い取るのもいいです。パンチもいいですし、魔力で消し去るのもいいです。

 

自分が一番消えそうな方法で、その感情を消しましょう。

 

私は'Fruit Ninja'のようにスパスパ切り捨てるか、ザルにかけるかのように気持ちを消し去ります。

 

Fruit Ninjaのダウンロートはこちら:

Fruit Ninja®

Fruit Ninja®

Halfbrick Studios無料posted withアプリーチ

 

ただネガティブな考えを離そうとするよりも具体化して切り取る方が簡単に切り取れますね。

 

すると頭の重い感じが減っていって気持ちが楽になります。

 

まとめ

ネガティブな気持ちを感じすぎれば気持ちが倍増するし、切りすぎれば何も感じられず辛くなります。どちらのバランスもうまく取っていくことがネガティブな感情を減らしていく秘訣です。