鬱になったけど、立ち直りたい

うつ病を治していくためのコンテンツを発信しています。

今危ない?うつになると出る症状 <自殺願望が出る 危険度★★★★★>

うつになると出る症状<自殺願望が出る 危険度★★★★★>

f:id:tokyolovefood:20201016220430j:plain

いよいよ最後のチャプターとなりました。

 

どのような病気も、一番最悪なケースは死に至ることだと思います。

 

その中で、なぜうつ病になると自殺を選ぶのか理解できない人も多いようです。

 

実際は死にたいと思って死ぬ人はいませんし、自殺も自分で選んでいるようで、選んでいない死に方だと自分で経験して感じました。

 

今日はなぜ死にたいと思うのか、どのような状態になるのかをお話しします。

  
うつ病指標>

1、常にイライラする 危険度★

2、うまく寝れない 危険度★★

3、人との繋がりを感じなくなる 危険度★★★

4、欲がなくなる 危険度★★★

5、人と会わなくなる 危険度★★★

6、ベッドから起き上がれない 危険度★★★★

7、被害妄想が激しくなる 危険度★★★★

8、自殺願望が出る 危険度★★★★★
 

目次:

 

!少しじっくり読む!


*この記事は個人談をもとに書いています。専門家ではないので、その点ご了承いただけると幸いです。

 

⑧自殺願望が出る 危険度★★★★★

f:id:tokyolovefood:20201016220515j:plain自殺を考えている、と聞くと、その人は今の状況から逃れたくて死にたいのだと考えますか?

 

たしかに状況はその通りですが、うつ病を持っていて、自殺を考える当本人の感じ方はまた少し違ってきます。

 

なぜならうつ病は自分でコントロールしづらい病気で、自殺もコントロールしづらい症状の一つだからです。

 

<被害妄想によって、なにも考えられなくなる>

前回は被害妄想が激しくなって、感情がマヒしていくという話をしました。感情がマヒすると、泣いたり、嬉しがったり、外に感情を出すのが難しくなります。

 

発散できなければ心の中で積もっていく、いつ爆発してもおかしくない状態になるのです。

 

感情が爆発したら物を投げる、八つ当たりする、涙が止まらない、という状態になりますが、そのようにすらも発散することができません。

 

感情がマヒして、どこに悲しさや嬉しさのスイッチがあるのか分からなくなると苦しくなるので、その苦しさから逃れるために私は自殺を選びました。

 

<死にたくて死ぬわけではない>

とはいえ、自殺を考えながらも、死ぬことが最善ではないと分かっている人もいます。自分の原因と向き合えば、その感情から逃れられることも分かっているはずです。

 

それでも私と同じように自殺を選んだのは、うつ病で心身ともに疲れきっているから、最善策を見つけて行う余裕と気力がないのです。

 

例えば、母親との関係が悪いことによってうつ病が起きているとします。そして一人暮らしを始めて、母親から離れることが解決策だとしますね。

 

そうするには仕事が安定していてほしいですが、うつ病で仕事に行くのが辛いので、安定して働けるのか不安になります。

 

更にうつ病の人は思考に歪みがあります。「もし私が母親から離れたら」という罪悪感が頭から離れないため、解決策があると分かっていても、うつ病の人が考えられる最善策はなくなるのです。

 

すると、感情は溜まっていく一方なので、溜めることができなくなったときに発散方法として自傷行為へと走ります。そして、自傷行為を重ねれば重ねるほど、慣れていき、やがて死ぬことが身近に感じ始めるのです。

 

(感情のマヒ+自傷行為の慣れ)× あふれた感情 = 自殺したくなる気持ち

 

<死ぬことを考えている人は本当に死にたい>

f:id:tokyolovefood:20201016220544j:plain

 自殺をほのめかす人と本当に自殺する人はまた違う、と話す人も多いですが、私の場合は、本気で死ぬことを考える人も多いと思っています

 

というのも私自身、最後のSOSとして、私は「死にたい」と周囲につぶやいていました。感情をコントロールできなくなり、死んでしまうことが怖かったからです。

 

自傷行為も、自分の血を見ることで自分は生きているのだと安心するから行う、と聞きます。

 

それだけ聞くと自殺につながらないように聞こえますが、自傷が感情のストレス発散につながっているケースもあります。

 

私の場合は自傷をするほど、誰にも気づかれないことで孤独感を増していき、感情を更に発散させるために行為がエスカレートし、気がついたら包丁に首を持っていったこともありました。

 

死にたい、と言っている人も、自傷行為を繰り返す人も、心底死にたいと思っていませんが、死ぬ可能性は大いにあると私は思っています。


 <新卒1ヶ月目で私は死にたくなりました>

私の場合は、新卒1ヶ月目の宿泊研修から帰ってきてから、初めて自殺することを本気で考えました。宿泊研修でストレスを溜めていたところに母と喧嘩をしたのです。

 

喧嘩した後は一人部屋にいたのですが、頭が真っ白になり、徐々に生きたい気持ちと死にたい気持ちが戦い始めました。携帯で検索するな、死ぬ場所を探すな、と思う一方で、私は携帯で死ねる薬を検索し、どこから飛び降りるのが一番いいかを見定めていました。

 

感情のコントロールが全く効かず、自分とは全く違う人が乗っ取ったような気持ちで辛かったです。幸い薬だとすぐ死ねないのと、自分がいた最上階からだと死にきれない可能性を考えることができ、踏みとどまりました。

 

しかし、その後も何度か自殺を考え、なんとか乗り越えつつあります。

 

もし今これを読んでいる人も同じ気持ちを抱えているなら、助けを求めてください。


まとめ

自殺をほのめかす人は本気で自殺を考えていない、という人もいますが、私は日々必死に生きている人たちが自殺について話すのだと思います。だからもし考えてしまっているなら、おかしくありません。もし今自殺をすることを考えているなら、自殺のことを考えていていいので、自分のことを大切にしてほしいです。

 

死にたいと感じる方にはこちら

www.kokororakuni.com