鬱になったけど、立ち直りたい

うつ病を治していくためのコンテンツを発信しています。

愛を感じると人とうまくいく?!愛を感じる方法 ①暖かったものを思い出す

愛を感じる方法 ①暖かったものを思い出す

f:id:tokyolovefood:20201129141613j:plain

テクノロジーが進んだことで愛を求める人が減ったり、愛を歌う歌が少なくなったと聞きます。

 

ただしいつの時代も愛というのは感じたいものですし、うつ病を治すキーも実は愛と関係があると思っています。

 

人からの愛を感じられるようになると、人との繋がりを感じられるようになるし、被害妄想や視線恐怖症といった人に対する不安や恐怖なども和らぐのです。

 

今日はその愛の感じ方を一つ紹介して、ついでに愛を感じるとどうなるのかについてもお話しします。

 

<愛を感じる方法>

暖かったものを思い出す

愛されている、と唱える

10秒ハグをする

相手を思いやる

 

目次:

 

!少しじっくり読む!

 

*この記事はうつ病の方をターゲットとしていますが、精神的に悩んでいる方にも効果的です。
*この記事は個人談をもとに書いています。専門家ではないので、その点ご了承いただけると幸いです。

 

愛を感じるとどうなるのか?

f:id:tokyolovefood:20201129141718j:plain

愛を語ることは少なくなったものの、一つの永遠のテーマでもあります。なぜ人は愛を欲しるのでしょうか、なぜ人との繋がりを求めるのでしょうか。

 

私がうつ病になってから感じたことを書いてみました。

 

1. リラックスする

愛を渡してくれる人は基本的に自分を攻撃してこない、と感じます。

 

愛しているなら故意にその人を傷つけるようなことをしないと分かっているからです。それは1対1の関係だけではなく、集団でも同じです。

 

日本では電車の中で寝ても怖くないですが、海外の電車ではいつスリにあうか怖くて寝てられないかもしれません。

 

日本では無防備になれるのは、お互いスリを行わないで平和にやっていこうね、という愛があるからだと私は思っています。

 

2. 人が怖くなくなる

リラックスできる、ということは人が怖くなくなることでもあります。

 

以前は初めて会う人が自分の陰口を言うのではないか、後で攻撃してくるのではないか、と思っていたかもしれません。

 

しかし、その人に愛や暖かみがあると感じるだけで相手は自分を傷つけてこない、と感じられるので人が怖くなくなります。

 

相手がもし本当に自分を嫌ったとしても、人からの愛を感じられると自分が切り離されたような孤独感は持たなくなります

 

3. 自分に素直になれる

すると、どんな自分でも受け入れてもらえる、と感じられるようになるのです。

 

喜怒哀楽の表現もしやすくなりますし、それで嫌われても傷つきにくくなります。

 

自分の意見もはっきりと言えるようになるし、相手に頼ったり、甘えたりしやすくなります。

 

すると、周りもあなたに対してよりオープンになるので円満な人間関係を築けるようになるのです。

 

下記のような症状が出ている人たちにオススメの方法です

だからこそ愛を感じれることは人との繋がりを感じれなかったり、人に対して歪んだ考えを持っている人たちにとって大切になります。

 

➡️こんな人にオススメ!

人との繋がりを感じられない人

被害妄想を持っている人

視線恐怖症を持っている人

 

暖かったものを思い出す方法

今回紹介する暖かったものを思い出す方法は、他の記事でも度々紹介した「'Healing Depression without Medication' (薬物治療を受けないでうつ病を癒す)」という本に載っていた方法です。

 

 

この本では薬なしでうつ病を回復できる具体的な方法をいくつも紹介しています。

 

その中の一つが自己流で行っていた方法と似ていて、効果があったので紹介しようと思いました。

 

こちらの記事でも同じ本を取り上げました:

www.kokororakuni.com

 

やり方

自分が暖かい、嬉しかった、愛を感じたという出来事や自分を守ってくれる物を思い出して、その感覚を覚えるというものです。

 

1. 瞑想をする

まずはベッドに寝転がって瞑想をします。

 

深呼吸をして、周りの感覚や匂い、見えるものなどを感じてください。

 

瞑想の仕方は下記のブログを参考にしてもらえたらと思いますが、自己流でも構いません。 平和な気持ちになれることが大切です。

 

詳しい瞑想の仕方はこちら:

www.kokororakuni.com

 

2. 守ってくれるものを思い描く

平和な気持ちになったら安心できる守ってくれる存在を思い描いてください。想像上のもの、本物の人、動物、精神的なものでも構いません。

 

私の場合は、亡くなったワンコのことを思い出しました。守護霊や過去の恋人、自分の好きな芸能人や漫画の主人公などでもいいですね。

 

TIPS☑️ 過去に経験した暖かいことを思い出すのでもいいです。それでも見つけられなかったらこのステップはスキップしてください。

 

3. 守られていると感じる

次にこの存在、もしくは思い出が自分を強く、守ってくれるところを想像してください。どんなときでも、どんなところでも守ってくれると感じてください。

 

自分を守るように腕を組みながらでも大丈夫です。リラックスして安心した気持ちになることが大切です。

 

4. 愛してくれるものを思い描いて、愛されていると感じる(2、3と同じ

次は自分を愛してくれるものを思い描いて、愛されているところを想像してください。

 

5. 賢いものを思い描く(2と同じ)

次に賢いものを同じように思い描きます。

 

6. 質問をする

今守ってくれる存在、愛してくれる存在、賢い存在がいるかと思います。

 

この存在に対してしたい質問をします。自分が不安に思っていることでもいいですし、理解したいと思っていることでもいいです。

 

それに対して答えてくれるかもしれませんし、答えなくても大丈夫です。

 

このセッションを終えたらその存在に感謝して、頭からその存在を離して、ベッドから起きあがったり、指を降ったりして気持ちを戻しましょう。

 

この存在はあなたを守り、愛し、知恵を与えてくれます。

いかがでしたでしょうか。少しスピリチュアルな感じですが私自身、愛を感じるのにとても役立つ方法だと思います。

 

この存在は、これから自分がどんな困難に立っても、どんなに辛くても、あなたのそばを離れないし、守ってくれる存在だと覚えましょう。

 

私の場合ですが、亡くなったワンコといたときの暖かさを覚え、辛いときは首元に寄り添ってくれるような気持ちを思い出します。

 

それは毎晩寝る前でもいいですし、外出時に不安になったときでもいいです。

 

毎度この方法通りに行う必要はなく、ただこのときの暖かさはすぐに思い出せるようにすると人と話すときに楽になります。

 

まとめ

愛を感じられるようになると、思考の歪みもよくなりますし、人付き合いもいくぶん楽になります。この愛の感じ方は私が教える方法の中でも一番安定して愛を感じれるかな、と思います。暖かみを感じられればOKなので、気軽に試してみてください!